女性

目のクマを治すためには|原因は様々なものがある

脂肪を入れる施術

バストを測る女性

定着し易い施術

豊胸施術には色々な種類が有りますが、特に近年、人気なのがコンデンスリッチ術です。これは、太ももやお腹から採取した脂肪にコンデンス技術で圧力を加える施術です。脂肪組織に圧力を加えることで、不要な死活細胞、老化細胞を除去する事ができます。その結果、健全な脂肪細胞と幹細胞だけを濃縮してバストに注入することができます。コンデンスリッチ術の利点は、不純な物質を除去できるので脂肪の定着率がとても高い事です。また、今までの脂肪注入特有の石灰化や脂肪壊死などの合併症を防ぐことも可能になります。さらに、菌や埃などに触れる事が無いので感染症等のリスクを大幅に削減できます。胸にメスを入れたくない、手軽に施術をしたい人におすすめの豊胸施術です。

術後の痛み

コンデンスリッチ豊胸は、自分の脂肪を注入する事でバストアップが行えます。この豊胸術を行う際に覚悟しなければいけないのが、術後の痛みです。術後は、バストに筋肉痛のような痛みが数日くらい続きます。痛みの程度は我慢できないレベルではなく、非常に軽いです。しかし、痛みに敏感な方のためには、クリニックから痛み止めの薬が処方されます。痛み止めさえ飲めば、問題なく日常生活を送ることができます。デスクワークは術後すぐに行うことができ、ハードワークは数日後から可能となります。また、術後は患部を強く揉んだり、触ると、わずかながら痛みを感じることが有ります。これも最低でも10日程度経てば、ほとんど消えてなくなります。