MENU

>特集>床下換気は害虫被害対策に使える~湿気は害虫を呼ぶ原因~

床下換気は害虫被害対策に使える~湿気は害虫を呼ぶ原因~

駆除作業

床下は日当たりが悪く、風通しも悪いことから湿気が溜まりやすい環境と言えます。そのような環境を好む害虫が住み着くことで知らず知らずに日常生活に影響を与えることがあります。湿気の多い環境を好む害虫を知り、その害虫を家の中で見かけた場合は床下換気が必要な状態であることが分かります。まず挙げられる害虫としてダニがあります。ダニはアレルギーの原因にもなる害虫であり、発生させないためには家の湿度を意識し、床下換気を行うことです。また、シロアリも湿気を好む害虫です。湿気が高いと家屋を支える木材を湿気を含みます。そのような状態の木材をシロアリは好んで食べます。つまり、家屋に対する被害を大きくするリスクがあります。

床下は風通しが悪いことから換気扇を使用した床下換気を行うことで、湿度を下げることは可能です。ただ、湿気がすごい場合には換気扇だけで対応することが難しい場合があります。そのときには湿気を取り除く効果がある炭を床下に設置する方法が挙げられます。ただ、シロアリを予防するという観点からすると、湿気を取り除くだけでは不十分と言えます。そのため、湿気を取り除くための床下換気を行うとともに、薬剤を使用することが大事です。シロアリが床下に侵入したとしても、家屋を支える木材に被害が起きないようにするものです。薬剤は人体には無害でありながらもシロアリ予防に効果的なものが使われているので十分な対策を立てることが可能と言えます。

一軒家