ウーマン

目のクマを治すためには|原因は様々なものがある

目の下の美容整形

鏡を見る女性

目の下にできるクマやたるみは、美容外科や皮膚科で特別な治療をして治すことができます。クマができる原因はいろいろありますが、目の下が加齢によってたるむことが原因の場合もあります。たるみが原因の場合は、ヒアルロン酸注射が有効です。ヒアルロン酸注射をすれば、凹みに注入剤を入れて含らみを持たせることができます。目の下がふっくらするので、目の下がへこんでクマのようになっている症状を治すことができます。また、脱脂法によってたるみをそのものを解消する手段もあります。脱脂法とは目の下にたまった脂肪を除去する外科手術です。下まつげの粘膜の中を数ミリ切開して行います。効果が高いうえに、傷あとがまったく分からないのが脱脂法のメリットです。

目の下のクマを治す方法を知りたいなら、原因や種類を知っておくことが大切です。ストレス、寝不足、疲労などが溜まると、目の周りが血行不良になって血管が浮き出てきて青いクマができることがあります。青クマは血行を改善するケアが有効です。加齢で肌のターンオーバーが乱れることで出来るのが茶色いクマです。メラニンが表皮に残っている状態なので、ターンオーバーを促進するケアをすることで改善できます。肌にハリがなくなることで出来やすいのが黒いクマです。加齢によってコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの真皮層の成分がなくなると目立ってきます。黒クマをセルフケアで治すのは難しいので、美容外科に相談するのがお勧めです。

効率的にダイエット

カウンセリング

心斎橋の美容外科クリニックで部分痩せができる美容整形が、脂肪吸引や脂肪溶解注射です。脂肪吸引は狙ったパーツの脂肪を局地的に吸引できます。脂肪溶解注射は脂肪吸引では出来ない皮下脂肪が薄いところでも注射できます。

脂肪を入れる施術

バストを測る女性

コンデンスリッチ豊胸は、自身の脂肪をバストに注入する施術です。コンデンス技術によって、不要な死活細胞、老化細胞をすべて除去できます。そのため、脂肪の定着率が高く、綺麗にバストアップができます。術後のダウンタイムもあまりなく、おすすめです。

痩身の最終手段です

脚

太ももにコンプレックスを持っている女性は多く、ダイエットをして痩せる、形を整えるように努力することがあります。しかしそれが上手くいかない場合もあって、そういうときには美容整形で脂肪吸引を利用するのもいいでしょう。